太陽光発電システム

太陽光発電って何ですか?

太陽電池が、「太陽の光(エネルギー)」を「電気」に変換。

太陽光発電システムの中心になっているのが太陽電池です。太陽電池は太陽光(エネルギー)を吸収して直接電気に変えるエネルギー変換器。シリコンなどの半導体で作られており、この半導体に光が当たると日射強度に比例して発電することができます。

太陽電池イメージ図

太陽電池は、電気的な性質の異なる2種類(p型、n型)の半導体を重ね合わせた構造をしています。太陽電池に太陽の光が当たると、電子(-)と正孔(+)が発生し、正孔はp型半導体へ、電子はn型半導体へ引き寄せられます。このため、表面と裏面につけた電極に電球やモータのような負荷をつなぐと電流が流れ出します。

つくった電気は、そのまま家庭用電力として使用。

太陽光発電は、太陽電池を用いて、太陽のエネルギーを直接、家庭で使える電気に変換する発電システムです。

太陽光発電イメージ図

1. 電気を創る:太陽電池モジュール
太陽光パネルで太陽の光を受けて電気(直流)を創ります。
2. 交流に変換:パワーコンディショナ
太陽光パネルで創った直流の電気を、家で使える交流に換えます。
3. 電力を分配:太陽光発電対応住宅分電盤
発電した電気を各部屋のコンセントに送ります。
4. 電気を使う:電気製品や設備
昼間は太陽光で創った電気で、家中の家電製品を使います。
5. 電気をチェック:エネルギーモニタ
創った電気の量、売った電気の量や金額、わが家のエコ度などが、グラフやイラストでわかります。
6. 電気を売る・買う
創った電気が余ったら、電力会社に送電して電気を買い取ってもらいます。
夜や雨の日など、太陽光の電気では足りないときは、従来どおり電力会社の電気を買います。

知っておきたいポイント

太陽電池の設置方位順位

シリコン結晶系→南・東・西
(シリコン結晶系電池は熱くなると発電効率は下がります。)
シリコン非結晶系(アモルファス)→南・西・東
(シリコン非結晶太陽電池は熱くなるほど発電効率は上がります。)
参考;沖縄地方と関西地方とでは発電量は約1.3倍になります。

太陽電池設置角度

通常最適設置角度は約28度(5寸5分)です。
この角度は各方面から算出した、
1年間で一番多く太陽の光が受けられる角度です。

太陽光発電システム、エネルギーについてのご相談は「丸本イトウ」までお気軽にお問い合わせください。

  • TEL.0120-27-0023 FAX.0288-27-0034 〒321-1107 栃木県日光市小代88-3
  • 資料請求・お問い合わせ/丸本イトウは「信頼」と「実績」で 安心で心のこもった接客をします。カンタン!メールホームは24時間365日いつでも受付